自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

通訳さん

うちの職場には通訳さんが8人居ます。
男性4人、女性4人で、うち女性1人はタイ語英語の翻訳担当。 その他7名がタイ語日本語の通訳さんです。
E-MAILや各種書類の翻訳や、会議や全体朝礼等の翻訳業務が主体ですね。 
それと、現場の職長さんに重要なことを伝える際には、空いている通訳さんと一緒に現場へ行って通訳を
お願いしたりもしています。 タイ語日本語の通訳さんの女性3名はもちろんタイ人なんですが、中国系の
方なので顔立ちは日本人とほぼ一緒で、日本に居ても喋らなければ違和感の全くない子達ですね~。
でも、3人のうち2人は日本にはまだ行ったことがないんだそうです・・・。
男性4名は、3人はもう明らかなタイの人!って感じで、1人は中国系なので日本人っぽいかな?といった
ところですね~。

で、話を戻して、と。
私の場合は、やはり通訳さんを出来る限り使わない様にしています。
なぜかというと、通訳さんを介しているときと、直接マンツーマンで会話しているときと、現場の人々の表情
が全然違うんです。 僕もまだ理解度20%くらいなので、都度辞書を引いたり、解る言葉に置き換えて
話して貰ったりと相当時間は掛かりますが、それでもマンツーマンの方が良いですね。
特に、相手があれこれ言い訳してくる時などは 『タンマィ?』 『タンマイ?』 としつこく言い返してますので
嫌なやつだと思われているかも・・・・。(笑)
『マィ チャ~ィ!!』 とか 『マィ キアォ!!』 とかもよく言うなぁ・・・。(笑)
でも、そういうところから信頼関係は出来てくるんでしょうね~。

それでもさすがに、重要なことや守って欲しいこと、については、 『カウチャイ ピッ』  がトラブルの原因
にもなるので、通訳さんを入れて話す様にしています。 
あとは、さすがにまだタイ文字は全く読めないので、通訳さん頼りというのが辛いところですね・・・。
これも、おいおい勉強していきたいところです。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-31 22:45

夜勤

今日の夜中から金曜日の朝まで、24時から7時までの夜間勤務です。
とはいえ、仕事の主体は現地人作業者の労働状況確認なので、巡回チェックが主体。

なぜこんなことをせにゃならんのかというと、世界的不況で従業員を一気に削減してしまった煽りで
モチベーションが下がり、色々な問題が一気に噴出! なので、夜の従業員の勤怠状況も今一度
しっかり確認しておこうというわけです。

う~む。
これは日本でも同じ問題があったので、言葉も文化も違う国では尚更そういう問題が大きな影響を
与えてしまうんですよね~。 どうやって、現地の人々のモチベーションを高めていくか???
特に、この国の人は 『サバイサバ~ィ♪』 がだい好きだもんで、本人がサバイサバ~ィでも
会社が大変な事になっちゃいますからね。
まぁ、とにかく今は都度 『クーィカン ボィボィ』 かなぁと思っています。
とにかく報告、連絡、相談と言ったことを密にやっていきたいですね。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-31 22:27 | 身近な出来事
水曜日からほぼ毎日歯科治療に出掛けているので、通院にはメータータクシーを使っています。
アパートの前で、流しているタクシーをとっ捕まえるといった感じかな~。

タイでタクシーをとっ捕まえる際は、日本みたいに手を挙げるのではなく、ちょっと斜め下横に腕を出して
手の平は指を下側にしたまま 『おいでおいで』 をするような感じにすればOK。
ちなみにドアは自動では開かないので、自分でドアを開けて乗り込みます。

乗り込んだ後、行き先を告げれば、あとは大概は大丈夫。
例えば、サミティヴェート・スクンヴィット病院に行きたい場合だと
『パィ スクンヴィット ソーィ シィシップ・ガーゥ ローンパヤヴァーン・サミティヴェー ノィ カップ!』
でOK。 運ちゃんも大概は 『カッ ポーン!』 と了解してくれますね~。
まぁ、その後、ずーっと黙っている運ちゃんもいれば、片言の日本語で話をしてくる運ちゃんもいるし
タイ語で色々話しかけてくる運ちゃんもいたりと、実に多彩ですわ。 なかなかこれも興味深い。

道をよく知らない運ちゃんに当たってしまったら、交差点毎に 『リァォ サーィ ナ』 (=左に曲がって!)
『リァォ コゥワァー ナ』 (=右に曲がって!) 『トロンパイ イーク ナ』 (=もう少しまっすぐ行って!!)
で、何とかなっちゃいます。 
目的地に着いたら、支払いをして自分でドアを開けて降りるといった感じですね~。

初乗り2km35バーツで、あとは距離毎(500mくらいかな?)に2バーツづつ加算。 時間でも加算される
ので、渋滞にはまるとジワジワと料金が嵩んでいきますが、まぁそれはしょうがない事ですね~。
たまにメーターを使わないで法外な料金を請求してくる 『ボッタクリ運ちゃん』 もいるそうですので、そういう
時は決して怒らず、常に値段交渉。 たかだか数百バーツで命を懸ける必要もないですからね。
ふっかけられた値段から、まぁ5割以下くらいまで下げられれば、しめたものです。
夜間の飲み屋帰りとか、スワンナプーム空港への行き、帰りに利用すると、そういう運ちゃんに遭遇してしまう
ケースもあるそうです。幸い、私はまだ遭遇したことがないです。
それと、女性は夜間1人ではタクシーを使わない事がベターです。
変なところに連れて行かれ、レイプまがいの事をされたりする事もしばしばあるんだそうです。
現地女性ですら避けてますので、これは要注意ですね。

あと、最後にメータータクシーの車種について書いときます。
メータータクシーの殆どがトヨタ・カローラで、最新型のカローラ・アルティス(アジア仕様車)か、もしくは
日本のAE110と同じ型のカローラでほぼ9割強ですね。 あとはトヨタ・イノーバ(ミニバン)とか、韓国製
RV車とかそんな感じです。 ミニバン・RV車も料金は一緒なのかなぁ?? 乗った事がないので不明です。
運転席のメーターを覗くと興味深くて、燃料計は 『E』 を指し、チェックエンジンランプは点灯しっ放しですし
燃料残量警告灯も点きっぱなしですね。 そういう状態になっていないタクシーは見た事がないです!
これは新しいカローラでも一緒なので、燃料のせいかな? とも思います。
タイでは燃料というと天然ガス(タイではNGVと言います)か、アルコール混合燃料が大半なので。

まぁ、こんな感じかな。
なかなかタクシーでの移動も乙なもんですよ~。
モーターサィ(=バイクタクシー)もありますけど、なにより暑いし万一事故に遭ったら大怪我してしまうので
私はモーターサィは使わないようにしています。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-30 14:42 | 時事放談

タイ人女性の愛用品

殆どのタイ人女性が、これの類を使っているみたいです。
c0102404_13381198.jpg


『POY-SIAN MARK Ⅱ』 という名前のもので、現地人は一般的に 『ヤー ドン』 と呼んでますね。
ユーカリ油とメンソールが主成分で、眠い時とかちょっと疲れた時、乗り物酔い等になった時などふたを
開けて、鼻からこれの臭いを嗅ぐと、スーッとしてなかなか心地よい感じになります。
まぁ、メンソール+ユーカリ油なので、日本人だと好き嫌いはハッキリ分かれると思うのですが、現地の
女性はこの類をしょっちゅう使ってますね。 しかも、平気で鼻の穴にすぼっ! と差し込んじゃうくらい
の勢いで使っているので、日本人からみたらちょっと驚き! です。
まぁ、私もこの手の香りは好きなので、ちょくちょく使っています。

ちなみに、これを日本に持ち帰ろうとすると、日本到着後の通関検査時に没収されてしまう事もしばしば
あるらしい。 日本では使ってはいけない成分が入っている?? とか、いない?? とか。
でも、日本国内でも買えるので、真相は判らないですけどね・・・。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-30 13:50 | 身近な出来事

タイのスタバ

バンコク都内の至る所にスタバがあります。 その多さに意外とびっくり!!
サミティヴェート・スクンヴィット病院内にもありますので、歯科治療のついでに寄り道してきました。

c0102404_1319174.jpg


ホットコーヒーのトールサイズにサンドウィッチのツナ、そして取っ手付のタンブラーを注文。
ホットコーヒーは 『カフェ ローン』 と言えばOK。 もしくは英語で頼んでもOK。
ツナのサンドウィッチは 『カノン パン トゥナ』 でも良いし、欲しいものを指差して 『アニィー ナ!』 でも
OK。
まぁ、大概は欲しい物を指差して 『コー アニー ノィ カップ!』 で、何とかなりますね~。
さすがにタンブラーだけは 『タンブラー』 では通じなくて、自分で店内から探してきて、値段を聞いた上で
買ってきました。

で、お値段はこんな感じ。
c0102404_13261429.jpg


ホットコーヒーのトールサイズで75バーツ、サンドウィッチのツナが65バーツで合計140バーツ。
日本円でだいたい380円くらいかな~。 なので、日本の約6割くらいの値段ですね~。
それにしても、現地の人の所得からすれば相当に高い!! ご飯7回分ですからね・・・。
なので、利用者は日本人か欧米人がほとんどです。
タンブラーの方は650バーツなので、日本円で1,760円くらい。 これは日本と同じくらいかな~?
絶対、現地の人は買わない!と思う値段です。

ちなみに、お味の方は日本と同じですね。
日本もタイも同じなので、米国や欧州でもきっと同じ味だと思われます。
同じ米国企業であるマクドナルドもそう感じています。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-30 13:33 | 身近な出来事
気になった話題を2つ。

一つ目は、ニュル24時間耐久レースの話題。
c0102404_12265417.jpg


トヨタ自動車次期社長として内定している豊田章男氏自らが操る、『LEXUS LF-A』 が完走を果たした
事が書かれていました。 とにかく運転が大好きな方だそうで、自ら国際C級ライセンスを取得されたのち
『モリゾー』 の名前で、たびたびニュル24時間耐久レースにも出場されているのだそうです。
こういうクルマ好きの方が、トップに立って今後の自動車業界の在り方を考えていってもらえたら、きっと
いい方向に行くのではないか? と、私も期待しています。
記事のLF-Aの写真に、うちの会社もスポンサーとして名前がちょこっと載っていたもんで、それも少し
嬉しかったです。(笑)

もうひとつの話題は、エアポートリンクかな~。
c0102404_1238036.jpg


バンコク都内のマッカサン駅と、スワンナプーム国際空港間にて運行予定の特急電車です。
工事はほぼ完了し、先週両駅間にて試運転が行われた旨が書かれています。
工事の途中ちょこちょこトラブルもあり、開業当初計画より遅れて今年の8月12日に決まっています。
この特急が運行開始になれば、マッカサン駅とスワンナプーム国際空港の間が最短15分で結ばれることに
なり、とっても便利になりますね~。 私も開業後は利用させてもらおうと思っています。
タクシーで空港に向かう場合、どうしてもバンコク都内で渋滞にはまってしまうこともあるので、比較的定刻で
運転される鉄道網が整備される事は本当にありがたいことです。

ちなみにタイで電車と呼べるものは、BTSスカイトレインとMRTバンコクメトロ、それとこのエアポートリンクの
3路線だけですね~。 あとは全てディーゼル気動車かディーゼル機関車の牽引というスタイルです。
だから、タイ人が日本に出掛けた際、新幹線に乗ると、その速さにただただ驚くんだそうですよ~。
なかなか興味深いです。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-30 12:48 | 時事放談

プゥアット ファン

タイ語で 『歯が痛い』 の事です。
親知らずの根元に膿が溜まってしまった為、スクンヴィットのソーィ49にある 『サミティヴェート病院』 へ
電話をしてから行ってきました。
サミティベート病院はバンコク屈指の私立病院で、日本人専用の相談窓口もあるので、旅行や短期出張等で
来タイ時に怪我や病気に見舞われた際も、すぐに日本語の分るスタッフが対応してくれます。
歯科も全て個室になっており、マンツーマンでの治療です。 治療機器の管理状態も日本の私立病院の
口腔外科と同等以上かな? 自らの目で見ても安心出来ました。

それにしても、まさかタイで初めて診療を受けるのが歯科とは・・・。

さすがに無理やり診療の合間に予約を入れてもらったものですから、先生はタイ語と英語しか話せない
方で、生憎通訳さんも不在だった為、片言のタイ語でやり取りしながら、どうにか初回の治療は終了。
先生が時々 『チェップ マイ?』 (=痛い?) と聞いてくるので、痛いときは 『チェップ カップ!!』
痛くないときは 『マィ チェップ カップ』 と返事をすれば、痛い思いも軽減できます。
物凄く痛いときは 『チェップ マー!! 』 と言えば、少し手を緩めてくれます。
しかし、さすがに治療後の症状説明と今後の注意点については先生の言っていることの20%くらいしか
理解できず・・・。
『コォトォ ナ カップ。』 『マィ カウチャィ カップ。』 で、通訳さんを電話で介しながらとなりました。
まぁ、日本語のよく分かり、流暢に話してくれる先生も居るのですが、常に予約がいっぱいみたいです。

通訳さん曰く、歯根に膿が溜まってしまっていたので、歯をほじくって穴を開け、膿を排出する治療をして
くれたそうです。 抗生物質と痛み止めを処方してもらい、それを受け取って、タクシーで帰宅。

c0102404_0362436.jpg


やはり、もっともっと単語を覚えないと、生活に支障が出てしまうなぁと、つくづく感じました。
[PR]
by Didier-Corolla | 2009-05-29 00:45 | 身近な出来事

物価の違い

この国で買い物をすると、日本との物価の違いに笑ってしまうこともしばしば。

c0102404_11574835.jpg


c0102404_11582433.jpg


画像のレッドブルとカルピスラクトで比べると、レッドブルが10バーツ(=27円)で、カルピスラクトが
20バーツ(=54円)と、レッドブルの2倍もするんですよ~。
ちょうどこの2つと一緒にサンドイッチや水も買ったので、そのときのレシートを見ると、上から順に

 ・シンハードリンキングウォーター500cc   7バーツ(=18.9円)
 ・カルピスラクト                 20バーツ(=54.0円)
 ・レッドブル                    10バーツ(=27.0円)
 ・レッドブル                        同上
 ・菓子パン(ツナ)                12バーツ(=32.4円)
 ・サンドウィッチ                  22バーツ(=59.4円)

締めて81バーツ(=218.7円)なり。
基本的には日本より物価は安いのですが、サンドウィッチとカルピスラクトが現地の人の感覚から
すれば、異常に高いんですよね。 現地の人は20バーツでご飯1回食べられるので。
逆に、ドリンキングウォーターは7バーツですから、日本で120円で売られていることから比べると
非常に安い。 まぁ、水道の水が飲めない国ですから、これ位の値段でなければ困りますけどね。

参考までに、タイでビッグマックとポテトのサイズXLのセットを買うと、97バーツ(=261.9円)くらい
ですね~。 これに飲み物を加えてだいたい130バーツ(=351円)くらいなので、まぁ日本のセット
650円と比較すると、ビッグマック指数からすればタイの物価は日本の約55%ってことになりますね~。
逆にメータータクシーは初乗り35バーツ(=94.5円)ですし、10㎞くらい走って100バーツ(=270円)
って事を考えると、タクシー料金の安さは驚きです。

ま、大体こんな感じですかね~。 なかなか興味深い国です。


 
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-24 12:18 | 身近な出来事

タイでの愛用品

タイ国内で愛用しているデジものはこの3つ。
c0102404_11345916.jpg


日本から持ってきたSO906i、現地のケータィとしてNOKIA 5300、そしてiPod touch16GBの3つ。

SO906iはあくまで非常用。 持ち歩きはしていますげど、ほとんど使っていません。
日本からの着信がぼちぼちあるのですが、着信時も料金が1分あたり150円程度掛かってしまうので、
手短に話は済ませ、こちらから折り返し連絡するようにしています。

NOKIA 5300は、会社から支給されたSIMを入れて使っています。
同僚が2SIMの端末に買い換えたので、お下がりとして1,000バーツで譲ってもらいました。
携帯本体もNOKIA 6070が会社から支給されているのですが、無くしたりした場合は5,000バーツ以上
の費用を払って弁済するルールになっています。 なので、無くしても被害の少ないように、SIMだけ入替
をして使っています。 SIMなら無くしても数百バーツの負担だけで済みますので。
Bluetoothも付いているし、音楽ケータィとしても使えるのでとても便利なケータィです。
画像や音楽もBluetooth経由でパソコンとデータ交換をしてますので、しばらくはこの端末でいきます。

iPod touchは日本から持ってきたやつです。
毎日、会社への往復に片道1時間近く掛かるので、その間はこれで音楽を聴きながら休んでいます。
PodcastでアヴァンティやK-MIXの番組を聴くようにもしています。
会社への通勤は、全て運転手さんが運転をしてくれるので、楽チンですね~。
会社帰りに買い物に行ったりとか、一杯ひっかけて帰る時にも運転手さんが待っていてくれるので、とても
ありがたいです。 そういう時は運転手さんに夕ご飯代を出してあげるようにしています。

まぁ、そんな感じで仕事が本当に大変な分、OFFの時間は大切にしていますね~。
日本の時以上に、ONとOFFのメリハリははっきりさせないと、この国では仕事をしていけないなぁと
改めて感じさせられています。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-24 11:51 | 愛用品

K-7

スペックを見た感じでは、いいカメラですね~!

http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-7/feature.html

K20DとK-mの良いとこ取りですね。
多彩な露出演出機能に加え、動画撮影まで出来ちゃうんですから。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-23 01:02 | PENTAX