自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

事前準備中

タイへの出向月が1ヶ月遅くなり、4月末くらいになりました。
もしかするとGWの海外旅行ラッシュの影響を受けそうな気配が・・・。
で、準備の方もぼちぼち始め、個人的な送金用口座を作ったり、向こうですぐ使うものとか
安価でタフな腕時計を買ったりとか、人間ドックを受診したりなど。

人間ドック受診の結果、肝機能が若干悪くなっているのと、胆嚢にポリープがあったり
等で再検査となってしまいました・・・。 が、まぁそれ程気にするほど重篤な状況ではない
ので、生活改善で対処していきたいところです。 正月に酒ばかり呑んでいたのが相当
悪影響だった様で・・・。(苦笑)

向こうで病んでしまうと辛いので、健康だけは十二分に気をつけたいところです。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-29 22:37 | 身近な出来事

石北本線

NHKの番組で、石北本線を走る貨物列車 『DD51』 を操る運転士の番組をやっていた。
真冬の北見峠と常紋峠の連続25‰に、貨車の先頭と最後尾に繋がれたDD51の
プッシュプルで挑む姿は、プロの技を感じましたね。
連続25‰で動輪が空転しても、決して列車を止める事無く、じりじりじりじりと歩く速度程度で
難所を乗り越えていく技には、感動しました。
しかも、あの狭い運転席に片道5時間も座ったままというのも、想像以上のつらさだと思います。

SL時代から続いている、冬の北海道の陸路唯一の物流手段である貨物列車運行。
毎日食卓に北見産の野菜が並ぶのは、こういった人々の努力によるものなんだなぁと
番組をみて改めて感じました。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-25 22:49 | 時事放談

セコンドハンド品

デジタルカメラを買い増す話ですが、結局こうなりました。
c0102404_22423874.jpg


PENTAX K20Dのセコンドハンド品を購入です。
ボディには全く傷もないし、AFやシャッターの動作も全く問題なし。
それで、新品のほぼ半値の値段で買えたので、相当にお買い得でした。
K-mと悩んだ結果、バッテリーやケース、その他アクセサリー類全てがK10Dと共通なので
そのまま流用できちゃう所が決め手ですね。 K-mより相当重たいので、嫁が使うには少々
大変かもしれないけれど、K10D譲りの防水・防塵性能が、野球など屋外撮影時の天候変化
に対しても重宝するので。 
今後、小生がK20Dを使い、嫁がK10Dを使う事になるかと思います。

あとは嫁さん用に18~250mmのオールマイティなレンズを購入しておしまいです。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-18 22:50 | PENTAX

南アルプスあぷとライン

c0102404_2233020.jpg


大井川鐵道井川線、通称 『南アルプスあぷとライン。』
国内で唯一のアプト式区間を持ち、日本の民鉄で一番高い鉄橋 『関の沢鉄橋』 も持つ路線
です。  25㎞弱の距離を1時間40分掛けて、のんびりと走ります。
ちょうどこの長島ダム駅と下流側のアプトいちしろ駅で、アプト式電気機関車 『ED90』 を
分割・併合します。 ED90も日本の民鉄が導入した電気機関車としては最も若い機関車
だそうです。 箱根登山鉄道の粘着式で登る80‰と、ここのアプト式で登る90‰はどちらも
是非体験してもらいたいですね~。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-18 22:40 | Railway

長島ダム

c0102404_054307.jpg

c0102404_111341.jpg

c0102404_7165023.jpg

c0102404_717276.jpg


大井川水系で唯一の国土交通省管轄のダムであり、且つ平成14年完成のいちばん若い
ダムでもあります。 デザインが近代的な事からも、若いダムである事が判りますね。
ダムの天端には、足許がメッシュばりで、100mほど下の減勢工が丸見え!の展望台も
あり、なかなかスリリングな体験もすることが出来ます。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-17 01:03 | 静岡県内の旅

C11 190

この日のSLは、C11 190号機でした。
c0102404_0334539.jpg


C11 190号機は現役時代は熊本機関区に属し、御召列車も牽引した事があるという、名誉
ある機関車です。 昭和49年に退役後、長らく熊本の個人宅にて静態保存されていたのです
が、平成13年に大井川鐵道へと譲渡され、2年ほど掛けてボイラーやキャブ、走行装置と
いった主要部位全てについて分解・整備・部品交換等を行い、平成15年に29年ぶりの動態
復帰を遂げたという歴史を持った機関車です。

この日はこの冬1番の冷え込みを記録したという大変寒い中、相当数の方がSL乗車と撮影の
為に千頭駅に居ましたね。 SLと記念撮影している親御さんの多い事多い事。
やはり、SL人気は全国各地、どこでも一緒ですよね~。 
1ヶ月前の札幌駅でC11 207を撮影した時の事を思い出しちゃいました。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-17 00:47 | Railway

木造駅舎

大井川鐵道はSLのみならず、電気機関車や電車もレトロで良いのですが、それだけではなく
木造駅舎も良い味を出しています。

家山駅
c0102404_0154031.jpg

c0102404_016682.jpg


川根温泉笹間渡駅
c0102404_017984.jpg

c0102404_017474.jpg


下泉駅
c0102404_0183447.jpg

c0102404_01947.jpg


田野口駅
c0102404_0223458.jpg

c0102404_023238.jpg

c0102404_0232974.jpg


木造駅舎といえば、九州の肥薩線にある 『嘉例川駅』 が有名ですし、北海道の釧網線
にある 『止別駅』 も良い味出してましたね。 これら駅にも似た雰囲気を持っているので
もっともっと注目されても良いと思うんですよね。

SLに乗ることに集中してしまうと、せっかくのこれら貴重な木造駅舎を見てまわる事
が出来なくなってしまう点が残念なところです。 途中下車して見てまわるにも、電車
の運行間隔は1時間に1~2本なので、結構辛いですしね。

木造駅舎を見てまわる事まで考えると、やはりクルマでの移動サポートがないと厳しい
のが現実です・・・。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-17 00:29 | 静岡県内の旅

ワルシャート式

c0102404_2258931.jpg


蒸気機関車の動弁機構は、実に複雑なリンクから形成されてますよね。
一番上のラジアスロッドが、運転席で逆転器のハンドルをぐるぐる回す事で、円弧状に長穴が
切ってある加減リンクを支点に、上側に移動するか下側に移動するかで、前進・後退と供給
する蒸気の量が決まるというわけで、ちょうど画像の状態だとニュートラルで、ピストンには蒸気
が供給されない状態ってな事になります。
レギュレーターで供給する蒸気自体の量を調節するのはもちろん、逆転器の回し具合も同時に
調節しながら運転するので、蒸気機関車の運転というのはかなりの技量が要るんだそうです。
それに加え、釜に石炭をまんべんなく投入する投炭のテクニックも欠かせないんだそうです。

これらも非常に興味深い! 
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-15 23:14 | Railway

新金谷駅構内

c0102404_2254032.jpg


蒸気機関車はともかく、電気機関車も電車も懐かしい雰囲気を持っています。
是非、湘南色の115系を2両1編成くらいで走らせてくれないかな~。
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-15 22:55 | 静岡県内の旅
相良油田 『油田の里公園』 広場にて。
c0102404_22424458.jpg


焼玉エンジンをはじめ、歴史的にも貴重なエンジン達を相良油田で採れた原油を燃料として
動かしてました。 エンジンも、保有されている方々も、非常に興味深い・・・・。(笑)
[PR]
by didier-corolla | 2009-01-15 22:49 | 静岡県内の旅