自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

<   2008年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

PDAの類

最近は出張する機会も多いですし、暇つぶしの道具にもなるので一つ持っていてもいいかな?
と考えています。 せっかくならネットにも繋がる機器がいいので、ウィルコムの03 とか
間もなく発売開始のD4とか、話題のHSDPA通信大手のイーモバイルのEM・ONEαとか
そういうのがいいかな~。

D4はスペックでも価格でももう立派なパソコンと言える代物なので、まぁそこまでは私の使い方
では不要かな。 そうなると、イーモバイルのEM・ONEαくらいの物がちょうど良い気がします。
ま、それほど急いで買うものでもないので、あとしばらく様子を見て考えます。

それにしても、ワンセグも見れるし無線LAN に繋がるし、高速ワイヤレス通信網に繋がるし
パソコンとも連携できるし、Bluetoothまで付いていて、それでいて新規加入であれば端末代
が2万円程度で済むというのは立派ですね。 しかも、月額2,000円から上限5,980円で
3.6Mbpsの通信速度でネットへ繋がるうえプロバイダー費用が不要というのもスゴイです
よね。 そういった点を踏まえると、携帯事業者回線でネットへ繋ぐのであれば、ウィルコムより
イーモバイルかな~と思っていたりします。
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-30 23:23 | デジもの
暗い話の多い状況下ですが、少しだけ明るい話題ですね。
2005年の助成打切り以降、我が国の家庭用太陽光発電設備の需要は一気に失速。
ドイツのQセル社にはソーラーセルの生産量で抜かれてしまうし、今では中国のソーラーセル
メーカーが大躍進しているという有様、せっかく早くから環境対応機器を展開してきた我が国
の力は何処へ・・・。

これだけ原油価格も高騰していますので、再生可能エネルギーへシフトするには好都合。
助成金制度に加え、フィールド・イン・タリフも導入し、もっともっと積極的に需要増へと
こぎ付けていく事が我が国に出来る環境対応のひとつになるんじゃないかな? と考えます。

資源に乏しい国である事が、原油高や食料高として目に見えて解ってきている今こそ、やるべき
時が来たな! と思いますね。 
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-30 23:11 | エコロジー&エコノミー

更なる値上げ

明日からガソリン単価もリッター当たり10円程度の値上げですね。
静岡県内ですと、看板の価格でハイオクが200円/L間近になるものと思われます。
また、原料と石油製品の値上げに伴い、食料品の販売価格も2割から3割上がるそうですし
電気料金やガス料金も値上げ。 

これだけ燃料費が高騰しても、値上がらないのは鉄道運賃と高速バス運賃くらいか・・・。

まだまだ値上げも続きそうですが、所得が決して増えていない状況下での値上げ。
日本の景気にかなりブレーキをかけているのも事実。 
耐え忍ぶにも限度があるとおもいますので、お役所の方々にもきちっと状況把握と速やかな
対応を望みたい。 そうしなければ総崩れの恐れありかと思います。
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-30 23:02 | 時事放談

あじさい電車

c0102404_0114380.jpg

久々に箱根登山鉄道へと乗車してきました。
肝心なあじさいの方は、満開までには少し早いかな?標高の最も低い箱根湯本駅周辺が満開間近といった雰囲気でした。
[PR]
by Didier-Corolla | 2008-06-23 00:11 | Railway

世界生産累計100万台

ZC/ZD系スイフトが、生産開始から3年8ヶ月で世界生産累計100万台を達成したそうです。
3年8ヶ月での大台越えは、スズキの普通車としては最速ペースだとか。
日本、中国、インド、ハンガリーに加え、今では東南アジアでも生産され、実に世界の115ヶ国
で販売されている、まさにスズキの世界戦略車の筆頭です。

確かにZC/ZD系スイフトは世界各国で高い評価を受けていますし、走りを念頭に確りと
造り込まれている事が、乗っていてよく判ります。 私も2年1ヶ月で113,000㎞走り込んで
いますが、車体の確り感、サスペンションの動き、エンジンのパワー感と燃費、どれをとっても
同クラスのライバルに引けをとらないですからね。 
そしてコストは1割~2割ライバルより安い。

スズキも変わったな! と痛感させた第一号がZC/ZD系スイフトを見た第一印象でした。
スズキも環境技術では今後苦しいかもしれませんが、なにより静岡を代表する自動車メーカー
ですし、コスト面では今でも素晴しいものを持っていますので、今後が楽しみなメーカーの
ひとつですね。 年内に東欧産まれのスプラッシュも国内投入されますし、まだまだ楽しみな
ところはあります。
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-19 23:34 | クルマの話題

来月も値上げの苦痛

ガソリンの卸売価格が来月も7~8円ほど値上げとなりそうです。
これにより、レギュラーガソリンの店頭販売価格が180円/リッター前後になるとか・・・。
180円/リッターですと3年前のほぼ1.5倍ですから、本当に高騰しているな!と感じます。

原油価格もNY先物取引で間もなく140ドル台と、この半年で1.5倍の高騰です。
200ドル台まで行くんじゃないか? という恐ろしい話もちらほら出ていますし、今後も下がる
気配はないですね。 産油国のサウジも一時的に日量30万バレル増産するそうですが
あまり効果はなさそうですし・・・。

私もこのまま更にガソリン単価が上昇するようであれば、通勤時間が2倍になってしまうのを
我慢して、新幹線通勤に切り替えようかとも思っています。 新幹線通勤でも、現状の高速道路
通勤で掛かる費用よりは定期代の方が安価ですし。 ただ、自宅から新幹線の駅と新幹線の駅
から勤務先まで双方とも12~13㎞も離れているので、原チャリが最低2台必要なのが困り者。
まぁ、中古のメットインスクーター1台と、新車でメットインの4サイクル+インジェクション仕様の
スクーター1台を用意すれば良いかなとも考えています。

そもそも、勤務先を自宅近くの事業所へと異動させてもらえたら一瞬で問題解決!なんです
けどね・・・。 最寄の事業所は自転車で10分足らずにあるのに、わざわざ120Kmも遠い
事業所で働いているのもなんだかなぁと、このご時世尚更思ってしまいます。
皮肉にも消費が減れば環境負荷は減るのですが、かといって仕事をする為には職場まで
移動する手段にマイカー以外の選択肢をなかなか選べないというところが辛い。
こういったところも、環境面から考慮してくれる職場であったら良いのになぁと思います。
エコ通勤を推奨する職場が、これからは求められると思いますしね。
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-17 23:13 | 時事放談

大阪出張

大阪の機械メーカーさんへ、設備導入予定機の比較評価目的で出張してきました。
行きはこだま号のグリーン車EX早特を利用し、安価にグリーン車にて移動。
c0102404_236016.jpg

ほぼ3時間の乗車ですから、こだま号でのんびり移動するにはグリーン車が良いです。
グリーン車に乗るときは、車内誌の 『WEDGE』 と 『ひととき』 をじっくりと熟読させて
もらっています。 なかなか為になる事が書かれていて良いです。

途中、京都駅停車前と停車後に、旧国鉄型の485系 『雷鳥』 を2度追い越す。
c0102404_23135486.jpg

今となっては貴重な旧国鉄型そのまんまの塗装で頑張る485系です。

帰りはEX-ICサービスで、ひかり号の浜松乗換で三島まで。
c0102404_23185123.jpg

ひかり380号は岡山駅始発の300系で、こだま572号は名古屋始発の700系。
なので、途中の三河安城駅で700系が300系に追い越されるという逆転現象があったり。
というか、実は700系が300系に抜かれる事はかなりの頻度であったりします。
300系もあと数年で東海道新幹線区間からは引退なので、今回はあえて300系主体の
移動プランを選んだというのもあります。 

以前も書いたんですが、やはり静岡県内から西に行くには新幹線の優位性がかなり
薄らいでしまうという事を痛感しましたね。 静岡駅にのぞみを何本か停めてもらえたら
それだけでかなりの時間短縮が図れるんですけどね・・・。 
三島から新大阪までの移動ですと、のぞみ号名古屋乗換えとの場合と、こだま号のみで
移動した場合では、僅か10分の時間差しかないというのが現状です。 三島に停車する
ひかり号を使うのが最短時間なのですが、本数に限りがあるのがこれまた困りものです。

のぞみ号の静岡県内停車、実現させたいですね~。
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-16 23:30 | 国内の旅(鉄道・航空機)

労働環境の問題

裾野市に研究施設のある大手複写機・光学機器メーカーの社員が過重労働を苦に自死を
選んでしまった出来事が、労災認定されたそうです。
職場は22時で施錠されるため、仕事を家に持ち帰り、月200時間を越える仕事を自宅で
こなしていたり、54日間不休で働き続けたとか・・・。 

一体何故そこまで仕事を続けなくてはならなくなったのか?
企業の体質? 確かに、ユーザーの視点かれみれば素晴しい機器を常に市場投入している
一流メーカーに見えるのだか、従業員としてその会社に属している方々からすれば、決して
労働環境は良くないということでしょうね。 私も過去にあまり良い話を聞いた事がない。
遣り甲斐の感じられない職場、人間関係の劣悪な職場、業務に重いウェイトを掛け続ける
職場というのは全てストレスとなり、最終的に自死を選ぶか反社会犯罪に走るか? 
そういった感が否めないですね。 もちろん、彼らがストレスをどう処理してきたのか?
周りが何か出来たのか? こういった点は考慮しなくてはいけませんが・・・。
先週、秋葉原無差別殺人を起こした犯人が、雇用上の不満を溜めた挙句に愚行に及んだ
といわれていますが、彼が勤務していた職場というのも、奇しくも同じ裾野市内にある大手
自動車車体メーカーでしたので、非常に興味深く感じました。

生きていく上では 『働かざる者喰うべからず』 ですから、仕事はしなくてはなりません。
やはりそこは自身のモチベーションを高められつつ、利益追求だけではなく社会貢献や
遣り甲斐というものを重視できる職場環境というのを作っていきたいですよね。
私も常にこれは意識しながら、仕事をこなしていきたいと思っております。
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-14 19:09 | 時事放談

インド車

今日の帰り道、積車に載せられて東へ向かうインド車を発見。

c0102404_23251089.jpg


タタ・モータースのindigoです。 
http://indigo.tatamotors.com/TataMotors/Indigo/AboutIndigo.aspx
まぁ、これを個人用途で買う人は恐らくいないでしょうねぇ。
たぶん、試験評価車としてトヨタの東富士研究所あたりへ陸送される途中だと思われます。
どんな走りっぷりなんだろう?? そういう意味合いでは興味津々なクルマです。

そうそう、タタ・モータースといえば、10万ルピーカーの 『nano』 が有名ですね。
http://www.tatanano.com/
スズキの初代MRワゴンのような形状ですが、極端にタイヤサイズが小さいのでずんぐり
むっくりした印象のクルマで、最安グレードは10万ルピーと日本円で28万円程度ですから
立派だと思います。 30年近く前の 『アルト47万円!!』 より安いんですからね。
このクルマ、日本のサプライヤーメーカーの部品も多数使ってますが、そこはやはり
日本からではなく、インド国内やアジア圏の工場から供給されていたりしますね~。
ハブボルトが3本とか、ドアミラーが片っぽしかないとか、その辺もコストダウンの現われ
が垣間見えます。

さてさて、これからインドのカーメーカーの車もどういった感じで成長してくるか?  
興味深く見守りたいところです。
 
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-11 23:33 | クルマの話題

110,000km走破

c0102404_231942.jpg


2年ちょっとで110,000㎞走破!!!
あと10,000㎞で、地球を3周したことになります。 
M16Aエンジンもなかなかタフなヤツで、ヘタった感じはそれほど感じません。
雨の日に時々補機駆動ベルトが鳴くんですが、それ以外には調子も良いです。
今年10月末の車検まで何とか持ってくれれば、そこで整備するので助かるなぁと。
[PR]
by didier-corolla | 2008-06-11 23:22 | スイフトスポーツ