自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

<   2007年 05月 ( 52 )   > この月の画像一覧

今日のSL

C11 312号機に、補機としてE10 1号機の組み合わせでした。
312号機は、戦後生まれの日車製です。

千頭駅構内にて
c0102404_2024618.jpg

c0102404_20243721.jpg

蒸気貯め付近のサビ具合が、これまた良い味を出しています。
c0102404_20245698.jpg

c0102404_20252457.jpg

c0102404_2026815.jpg

c0102404_20264439.jpg


笹間渡鉄橋(=大井川第一橋梁)を渡るC11 312号機
c0102404_20282571.jpg

c0102404_2027517.jpg

c0102404_20284012.jpg

c0102404_20285475.jpg


さすがに往年の客車を7両も引っ張るには、チビタンク車のC11では荷が重い為、E10が
補機としてカバーしてました。C11単機で引っ張れるのは客車3両までなのだそうだ。
C11は190号機、227号機、312号機の計3機が大井川鐵道では動態保存されており
190号機はC1、227号機はC2、312号機はC3と、SLマニアの間では呼ばれているらしい。

大井川鐵道に動態保存されているSL6機のうち、C12 164号機だけは未だに走っている
姿を1度も観た事がないんですわ。 ATSが装備されるまでの間は運休中ですし、ATS装備の
メドも立っていないため、まだまだ時間が掛かりそうです。
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-30 20:33 | Railway

SL資料館

千頭駅の構内には 『SL資料館』 が併設されています。
今まで1回も中に入って見学した事はなかったので、今回はじっくり見てきました。
入館料は100円ですしw 入り口の貯金箱というか、募金箱というか、そこに100円を入れて
入るだけです。 入館記念に入館券が欲しければ、千頭駅で入館券を買えばいいんだそう
です。

まぁ、SL好きの方じゃなければ観てもつまらないかもしれないんですが、SL好きには
なかなか堪らないものが展示されています。 9600形の1/10模型が通常のものとカット
モデルと2種類展示されていたり、C11 190号機が熊本から静岡にやってきて動態復元
された際の復元作業の様子など等。  

c0102404_1948521.jpg


c0102404_194824100.jpg


c0102404_19484560.jpg


ちなみに、展示されている9600形の1/10モデルはボイラも労働基準監督署認可を得た
もので、立派に走る事も可能な物なのだそうです。

SLも気合を入れればかなり枯れ果てた姿からでも立派に復元させる事が出来るんだな! と
展示を見て感じました。。 
是非、9600形 『クンロク』 も動態復活を!! って、まぁ9600形は大正昭和と長きにわたり
活躍した割には人気もなく、イマイチ存在感に乏しいSLなので厳しいかな~。
花形路線を走る事もなく、真面目で堅実で丈夫さ故に長きにわたり活躍したというのもあるし。 
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-30 19:51 | Railway

木造駅舎

SLの動態保存で全国的にも有名な大井川鐵道。
実は、駅舎もレトロチックで素晴しいものがあります。
新金谷駅や家山駅はジオラマ化されている事でも判るように、素晴しい駅舎ですが、この2駅
以外にもまだまだあります。

新金谷駅、家山駅、下泉駅は既に駅舎をくまなく撮影済みですので、今回は未だ撮影をして
いない 『川根温泉笹間渡駅』 と、 『田野口駅』 の2駅を撮ってきました。

川根温泉笹間渡駅
c0102404_19365375.jpg

c0102404_1932798.jpg


田野口駅
c0102404_19324370.jpg

c0102404_1933718.jpg


これ以外にも何枚か撮りましたが、載せるのはこれくらいにしときますw
残りは是非、皆さん自身で確かめに来てみて下さい。 この駅をSLが通過している姿は
何物にも換えられない素晴しいモノがあります。
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-30 19:36 | Railway

午後半休で温泉へ。

今週は設備関係の工事立会いで日曜日から働いている為、今日の午後はリフレッシュ目的に
午後半休を取得して奥井川へ温泉堪能&駅舎撮影に出掛けてきました。 当初は浜松市の
引佐区にある竜ヶ岩洞や北区にある鷲沢風穴といった鍾乳洞を見てこようかとも思っていたの
ですが、さすがに午後だけだと明日の仕事に差し支えるし、19時までには帰宅したいなぁと
いうのもあって断念。 
温泉の方では大東温泉シートピアも良いな! と思ってはいたんですが、まぁこちらは次回って
ことにしていつも通りの奥井川へ脚を向けちゃったってな感じです。

今回は平日なので空いているだろう! ってことで、川根温泉ふれあいの泉にて温泉堪能。

c0102404_19142843.jpg


露天風呂から大井川鐵道のSLが笹間渡鉄橋を渡る姿を拝む事が出来るという、何とも贅沢な
源泉かけ流しの温泉です。 お値段も500円ですからリーズナブル!! 
で、お風呂の方は地元のおじいちゃん達が大勢で来ていたので、意外と混んでいました。
それでも、土日に比べたら全然良いのですが・・・。 まぁ、地元在住のおじいちゃん達には
特権もあるそうですので、当然ですよね~。 

温泉で疲れもとれ、癒されてきたので心身共に快調さを取り戻しました!!
週末まであと2日間、がんばるぞ!!
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-30 19:20 | 温泉同好会

自動車税

プリウスとスイフトスポーツの2台合わせて、計74,000円を払ってきました。
というか、嫁さん名義のプリウスはコンビニで支払ってきて、私名義のスイフトスポーツは
口座振替で自動引き落としです。 

嫁さんがパート勤務者になってからは収入も減り、私が自動車税やガソリン代、携帯代などを
全額負担をしているので結構シンドイ家計遣り繰り状態ですが、そんな中でも月々の無駄を
省いて、年1回くらいは遠出できるように頑張っています。そういう楽しみがないと、仕事も
頑張れないし心身共に潰れちゃうよね。

息子が中学生になれば、嫁さんも正社員というか、正職員に復帰予定ですので、それまでの
間の辛抱です。 もしかしたら復帰しないかもしれないけど、それはそれでその時考えたいと
思っております。
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-29 23:17 | クルマの話題

じりじり、後退。

我が愛しのベイ。
今月初めは2位だったのが、今月末には5位目前かい!!
想像通りの展開で、まぁ毎年の如く希望は薄れつつあります・・・。
交流戦でも、良いところまるでないしなぁ・・・。
やはり、先発中継ぎが総崩れなので、クルーンが出てくる機会に乏しいのが不味い。 

それにしても今年は楽天が意外に好調なのが気になってます。
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-29 20:51 | 日米のプロ野球

Li-ION電池搭載を断念。

次期プリウスにはLi-ION2次電池が採用される事になっていたそうですが、残念ながら
見送る事になったそうです。 

Li-ION電池を搭載したノートPCでの発火騒ぎ、携帯電話での電池の発熱浮腫み騒ぎといった
不具合が続いている為、念のために見合わせるのだそうだ。
このあたりに、トヨタの凄さ! というか、HV車のリーディングカンパニーである故の社会的責任
をきちっと捉えている表れを感じますね。
Li-ION電池を採用すれば、電池容積あたりの出力は大きくする事ができるので、電池を小型
化してラゲッジコンパートメントを大きく取ることも出来るのですが、やはりリスクも大きいかな。
私も飛びモノのRCを扱っている手前、Li-Po電池を扱った事があるのですが、一歩間違えば
激しく燃えるという危険さもLi-ION電池にはあるんですよね・・・。

まぁ、ニッケル水素でもサンヨーのeneloopのように素晴しい性能とライフサイクルを兼ね
備えた電池を造る事ができていますので、あえてLi-IONにしなくても良いような気も私は
しています。 サンヨー同様、PEVEの技術力も高いですからね。 HVバッテリーをサプライ
している電池メーカーは、今のところPEVEとサンヨーの2強ですし。 そのうち、これに
日産&NEC連合が絡んでくるものと思われます。 日産&NEC連合のウリがLi-IONなので
プリウス以外の何の車両に採用され、且つどこまで信頼性と実績を上げられるか?が、今後の
HV車用Li-ION電池普及の鍵になりそうです。
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-28 21:03 | クルマの話題

B'Style EXインプレ

昨日の日曜日も休日出勤だったもんで、丸二日で述べ500㎞ほど高速道路を走ってみた
というか、必然的に走っただけなんですが、その中で感じたタイヤインプレ。
今日の帰りは静岡ICから由比PAの間で結構な雨も降ったので、ドライ&ウェットの双方で
走った印象を書いてみます。

OEタイヤのダンロップSP SPORT MAXXに比べ乗り心地は良く、55や60タイヤを履いて
いるんじゃないの? ってくらい違う。 その代わり、だいぶ腰がなくなってますね~。
運動性は一般的な走りでは問題なさそうだけど、峠を気持ちよく走るといった事には向かない
タイヤです。 やはり、コンフォートタイヤとスポーツタイヤの違いは明白です。

ウェット路での感じは、ドライ路との差がすごく小さいですね。 高いウェット性能を狙ったという
だけの事はあります。
ハイウェイクルーズが大半な私の使い方ですと、まぁ80点をあげられるかな? 
なかなか良いタイヤです。 今後は燃費面とライフ面で長期にわたり見ていきたいと思って
おります。 
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-28 20:48 | スイフトスポーツ

黒一色

近所の自販機にて。

c0102404_215854.jpg


上1列がコカ・コーラ1色で、役マン入ってますw
これなら、コカ・コーラ売り切れの心配もないね。 というか、そこまで売れるのだろうか?? 
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-27 22:00 | 身近な出来事
つい先ほど、タイヤ屋さんで履き替えしてきました。

c0102404_192210.jpg


予定通り、B’Style EX 195-50R16に履き変え。
高速道路走行主体なので、N2 ガス充填と充填圧を指定値+20KPaのUPとしました。
で、交換後にタイヤパターンを見て驚き! でした。

c0102404_1983450.jpg


ストレートグルーヴの太さが1本10㎜以上あり、且つ4本も。
高いウェット性能の秘密は、この太いストレートグルーヴのお陰なんですね。
ドライ路でもストレートグルーヴの分だけ接地面積が若干減るので、転がり抵抗も僅かに
少なくなるんじゃないかな~。  逆にドライ路でのグリップを狙うのであれば、接地面積の
広い方が良いので、過度にグルーヴが太くて多いのはネガティブですが・・・。

今思えば、ミシュランのPilot Precedaの方がちょうどキャンペーン中で安価だったので
良かったのかな?とも感じたりしていますが、ミシュランもブリジストンも世界3大タイヤ
メーカーのうちの1社ですから、まぁいいか! って感じで次回以降ですね。
Pirelli P6000も安価ですし、1年持てば十分なので試してみたい気もするしw
[PR]
by didier-corolla | 2007-05-26 19:25 | スイフトスポーツ