自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

<   2007年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

1級技能士試験に備え、2月18日(日)までの暫くの間、blogを含めたnet閲覧時間を
大幅に削減しますので、ここへの書き込みもお休みさせて頂きます。
メールチェックも週末まとめてにしますので、返信等遅れます。 って、そんなにメールも
来ないから実害もないとは思いますが。

また、2月18日(日)以降に再開しますので、しばしおまちくださいませ。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-28 14:51
トヨタの英国工場 『TMUK』 で生産されている 『アヴェンシス。』
ポンド・ユーロ高による採算悪化および人気低迷により、来年をメドに販売終了するそうです。
'03年10月から販売開始で、'04年には18,000台越え、'05年には12,000台越えを販売。
しかし、昨年は1万台を割りこみ、年間9,800台。

ちなみに、こんなクルマです。
http://toyota.jp/avensissedan/index.html

実は、元F1ドライバーである片山右京さんの愛車でもありました。
それくらい、密かにいい車でもあったんですよね。
欧州で設計・生産された 『トヨタの造った欧州車。』 でもありました。
まぁ、欧州車がよければ、普通なら欧州ブランドのクルマを買うよね・・・。(笑)
トヨタブランドに拘る方以外なら、必然的にそうなるでしょうし。

英国生産車といえば、かつて日産もプリメーラの5ドアを日本へ輸入したり、マイクラ(マーチ)も
現地向けに生産していたりしてましたね。 ゴーンさんが英国生産撤退を検討したそうですが
産業保護で撤退を止めた経緯もあります。 今回のトヨタは、あくまで輸入販売を止めるだけで
生産は続けるので、まだ良いのですが・・・。

英国も産業革命の始まった国でありながら、安価な労働力で生産が海外に出てしまい
穴があいたままですよね・・・。 このままでは、いずれ日本もそうなってしまうのでは? と
少し考えてしまいます。
やはり、日本でも出来ること、日本だから出来ることを考えて、国内にも産業・農業を残して
いける土俵造りをしていくべきですよね。 そう感じています。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-26 07:48 | クルマの話題

佐藤竹善&フレンズ

私が小田和正さんと共に素晴しいシンガーと想い込んでいる、佐藤竹善さん。
本当に素晴しい歌声でいつもいつも魅了してくれています。 
高専生なりたての頃からずーっと聴いていますので、もうかれこれ17~8年ですねぇ。
小田さんと共に変わらないなぁと。 もちろん、小田さんのCDにはBGVoとして参加されて
いたりもします。

そんな、竹善さんの名曲を竹善さん自身とその友達のシンガーがセルフカバー的な感じで
歌った曲をまとめたものもCD化されているんですよね~。
馬場俊英さんや夏川りみさん、風味堂の渡和久さんなどが一緒に歌っているのですが
これがまた良い!
CD自体は持っていないのですが、iTunesストアで購入してnanoで聴いています。
是非、『La La La』 を聴いて、何かを感じて欲しい。 そんな素晴しい仕上がりです。
SLTのLaLaLaとはまた一味違うのが、とても良いのです。

やはり、ジーンとくるシンガーは良いですね。
SEAMO塾長のようなシンガーも勿論好きですが、小田さん&竹善さんは外せないです。
洋楽ですと、やはりStingですかね~。 『Why should I cry for You?』  ステキです。

いい音楽、どんどん聴きましょう。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-25 23:08 | Music
今朝のTFM系FMの朝番組 『SKY』 で、そんな事を紹介していました。
『高度浄水処理』 と、マンションなど高層住宅への 『直結給水』 を推進し、市販のミネラル
ウォーターに負けない、安全な水の供給をモットーに改善を進めているそうです。
細かい事を知りたい方は、こちらを見ると良いでしょう。
 
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/index.html

利根川水系の浄水場は、着々と高度浄水施設に切り替わっているようです。
多摩川水系は、まだまだ先になりそうですが・・・。
都庁に行くと、この高度浄水された水を 『東京水』 としてPET詰めしたものをもらえる?
販売している? まぁ、どちらかみたいですが、興味あれば飲む事ができるそうですよ。

僕自身は富士山の麓に住んでいる関係で、毎日富士山の湧水にお世話になっています。
消毒で投入する次亜塩素酸Naの投入量も、経路配管での汚染対策の為だけですので
基準値ミニマムです。 
それ故、2年間ほど掛川市に単身暮らしをした際、水がとても飲めず苦労しました。
消毒臭がどうしても慣れず、すぐに浄水器買いましたしね。
やはり、河川水はそれなりに浄化しないと安全性確保難しいですから、致し方のない事
なんですけどね・・・。

やはり、こういう事はどんどん進めていって、おいしい水を水道から飲む事が出来るように
なったら、良いですよね。 ちょっと嬉しくなる話題でした。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-25 08:07 | 時事放談

総額22億3千万円超。

全国の公立小・中学校で学校給食を導入している自治体における、給食費不払い分の総額が
昨年1年だけで総額22億3千万円超にもなるそうで、給食費用総額の約1%分に及ぶそう
です。

不払い世帯の約6割が、『親のモラル。』 なのだそうだ。

小生が小・中学生だった頃には大半の小中学校で既に学校給食を導入していましたし
不払い世帯というのは所得が低く、それでも遅れてでも滞納した分はきっちり納付する事に
努めたものでしたよ。 それが今はどうか? というと、家にクルマもあり、所得も平均レベル
である世帯の児童が不払いをするケースが増加しているそうです。

『義務教育で、給食費を支払う事はおかしい。』

と、公然と主張し、支払わない方もいらっしゃるとか。

学校給食制度。
僕の親の世代、いわゆる 『団塊世代』 前後が小・中学生だった頃は、食うものがなく
うちのお袋は弁当すらもっていけず、こそこそとサツマイモ切干とかを昼に食っていたと
言ってましたね。 まぁ、貧富の差もあったのでしょうが、今以上に生きていく事が厳しい
頃だったと思います。
それがまぁ、それじゃまずいだろうって事で、皆が同じ物を食べられるように学校給食が普及
したという面もありますし、何より夫婦共働きの世帯にはとてもありがたい制度だと思います。
朝、お母さんがお弁当を作らなくて良いというのは、とても助かる事でもあります。
それなのに、自分の勝手な言い分で不払いとは、誠に遺憾であります。
子供に公然と食い逃げ!させている訳でしょ?? 恥ずかしくないんだかなぁ??
こういう世帯の為に、給食の食材からデザートが消えたりしてしまう事を想うと、忍びない。

不当な給食費不払いをなくす為には

 ①授業料の中に組み込んでしまう。
 ②給食費の徴収は止めて、その分社会全体で税負担する。
 ③不払い世帯には、給食を支給しない。

等のやり方も考えないといけないですよね。
③が当然の摂理なのですが、バカな親のせいで子供が迷惑蒙る事も忍びない。
何か良い対応を考えていきたいですね。 私も息子の学校とまぁ色々話す機会があるので
意見を出してみたいと思っています。

本当は自然になくなればいいんだけど、まぁ病んだ心の持ち主が多い世の中だから
難しいですね・・・。 今こそ、親から率先してプラス志向に変わろうよ。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-25 07:50 | 時事放談

地元のCATV局ニュースで

先日富士市で行われたDMVデモンストレーション走行時の車内撮影画像が、地元CATV局の
ニュースで放送されていました。  走行中の内部の様子は試乗された方しか判らない部分
なので、興味津々で放送を見せてもらいました。

運転席からの道路走行と線路走行の双方を動画で観たのですが、ハンドルの付いた
運転席からの線路の眺めは何とも不思議!な感じでしたね~。
道路走行時はきわめて自然な事を思うと、道路を走れる鉄道車両ではなく、線路を走れる
自動車といった感じですね。 
運転席の左手にある液晶画面に速度と、線路走行時は走行キロ数?路線区間キロ数?
どちらかだと思うのですが、0.001Kmまで表示されていた点が興味深かったですね。 
運転士さんが線路走行時もシートベルト着用していたあたりも、不思議な感じです。

線路と道路を走るので双方の安全基準を満たさなければならないですから、例えば線路
走行時は鉄道の安全機器、例えばATS等との連携も然りですし、道路を走る時は道交法に
準じた機器を搭載しなければならないですから。
更に、現時点では運転士さんも鉄道運転士資格と大型2種自動車免許の双方を持って
いなければならず、高いスキルが要求されます。

まだまだ課題も多い乗り物ですが、4月から釧網線の浜小清水駅と藻琴駅の間にて
試験運用される事になりますので、徐々にインフラ面も整ってくるでしょうから、楽しみです。
釧網線、4年近く前になるのですが、2003年のGWに止別駅と西桂台駅の間でキハ40に
乗車した経験があり、ちょうどその区間の中に浜小清水駅と藻琴駅があるので、知っている
場所だけに 『お!』 というのもあります。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-24 22:57 | 時事放談
今日はノー残日だもんで17時半に仕事を退けてきたんですが、普段この時間は職場の食堂
で夕ご飯を食っている時間だもんで、帰りに東名高速を運転していると、強烈な空腹感が
襲い掛かってきます。 

ついつい空腹に我慢できず、上り日本坂PAへ立ち寄り、静岡クラウンメロンパンを食す。
http://www.c-exis.co.jp/sapa/detail_2/011230120.html#check002
これ、焼きたてですとかなり美味しいんですよ。 160円で満足満足!です。
上記サイトに出ている 『温州みかんパン』 もこれまた美味しい逸品であります。
下り海老名SAのメロンパンよりちみっとお値段高いけど、味は負けていないね。
僕は日本坂PAのメロンパンの方が好みです。

東名通勤ですからまぁ、通勤途中に片道6箇所あるSA、PAはかなりの頻度で利用して
いますんで、美味しいものは欠かさず堪能していこうと思ってます。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-24 20:14 | 身近な出来事

35,000㎞越え。

愛車も良いペースで走行を重ね、今日ついにODOが35,000㎞を越えました。
まだ納車後8ヶ月ですから、このペースで走ると年6万~7万㎞ペースですね~。
週末の夕方、学童野球練習の終わる頃の時間にOIL交換を予約しておきました。
今のところ困ったトラブルがないのは、さすが国産車! といったところです。
12ヶ月点検の費用も、Smartに比べ半額以下でしたしね・・・。 
輸入車はどうしても部品代や整備コストが高くなるので、僕の様な過酷な使い方には
不向きなのであります・・・。 残念なり。

そういえば、ハセガワさんの 『零三式』 も使用を重ねるごとに、ボディも輝きを増しています。
簡単にポリマーコートできますし、コイン洗車後のボディがチョイ濡れ状態で簡単に処理も
出来るので重宝しています。 本当に噂通り、素晴しいですね~。
今後も 『零三式』 は11型メインで、たまに22型併用で使っていこうと思ってます。
模型屋さんが本気で作ったカーケミカル! オススメですよ~。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-24 19:55 | スイフトスポーツ
ドイツ車でお馴染みVWの文字通り主力車種であるGOLF。
来月、待望のTSIエンジン搭載の 『GT TSI』 が正規導入されます。

c0102404_74636100.jpg


ターボチャージャーにスーパーチャージャーを組み合わせ、燃費と出力と環境性能を
高い次元で実現したエンジンです。 1.4Lで170PSと、軽くリッター当り100PSを越え
且つ、リッタ-14kmと、スイスポと同等の良好な燃費性能も持ち合わせています。
排気タービンとメカニカルブロアーの組み合わせは、相互連携の制御さえ上手に行えば
相互のメリットは十分に出せそうですしね。 それが上手く出来ないと違和感もありそう
ですが・・・。

まぁ、一昔前の初代マーチ後期型で 『SUPER TURBO』 というダブルチャージエンジン
はあったんですが、これはイマイチだったそうで・・・・。 ベストモータリングで評価したのを
ビデオで観たときは、NAのスズキ・カルタスより遅かったしなぁ・・・。
当時は今ほど環境も騒がれていなかったので、たしか燃費もそれほどよくなかったんじゃない
かなぁ・・・。
ま、クルマは速さだけじゃないんで、そういう面での評価だけでもマズイんですけどね。
このTSIエンジンは 『質実剛健』 なドイツメーカーのものですから、期待出来そうですよね。
コモンレールディーゼル車と共に、機会あれば乗ってみたいクルマです。

僕みたいに毎日高速道路を200km近く走る使い方には、ドイツ車はピッタリなのでしょうが
いかにせん車両価格が高価なのでねぇ・・・。 そこが残念なところです。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-23 07:57 | クルマの話題
とりあえず、幾つか順不同で。

c0102404_2240737.jpg


他画像は、こちら。
[PR]
by didier-corolla | 2007-01-22 22:49 | 国内の旅(鉄道・航空機)