自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

カテゴリ:身近な出来事( 230 )

あれから1ヵ月後

UDD問題がひとまず収まって1ヶ月。

BTSに乗ってサイアム駅まで行き、サイアムパラゴンでの買い物ついでにチットロム駅まで1区間歩き
燃やされてしまったセントラルワールドのZENデパートを撮ってきました。

c0102404_17584015.jpg

BTS高架下にある 『セントラルワールド・スカイウォーク』 という高架歩道をサイアム駅側から歩いて
くると、こんな感じでZENデパートが焼けてしまった後が見えます。

c0102404_1893646.jpg

そのまま 『ラチャプラソン交差点』 の真上を通り抜け、ZENデパートの南西側から撮影。
建物の一部が火災によって崩落してしまった事がよく判ります。

写真には写っていないのですが、この写真の右端から更に右側奥が伊勢丹。
伊勢丹は被害を免れ、この6月24日から2ヵ月半ぶりに営業を再開。
このエリアの損害といったら、本当に計り知れない規模だと思いますね・・・。
ZENデパートもこれから1年かけて再建し、来年今頃には再開させるのだそうです。 

このラチャプラソン交差点もUDDに占拠され、一時は赤服だらけだったんですが、今は嘘のようです。
しかし、まだ情勢が何も変わったわけではないので、年内にもう一度、ひと山あるんじゃないかなぁと
私は思っています。

根の深い問題なので一筋縄ではいきませんが、とにかく早く平和的に解決する事を願うばかりです。
[PR]
by Didier-Corolla | 2010-06-27 18:21 | 身近な出来事

夜間外出禁止令

ここ2ヶ月続いている、反政府勢力UDD(赤シャツ)と政府の睨み合い。
終に、政府の治安部隊が強制排除に打って出た為、一部の反政府勢力がバンコク都内に分散し
放火、略奪行為をしはじめた様です。  困ったものだ・・・。

TVタイのニュース画像より
c0102404_2340469.jpg



本日午後、バンコク都内に夜間外出禁止令が発令され、20時から明日6時までは外出禁止となった為
私も夕方16時半には仕事を切り上げ、バンコク都内のアパートに帰宅。
今現在、普段は賑わっている私のアパートの前の通りも、さすがに人っ子一人居ません・・・。

アパートに帰る途中、ラマ9世通りからペッブリー通りに入る所で、西側に黒い煙が上がっているのが
見えました。

c0102404_232826.jpg


テレビやインターネットによると、どうやらセントラル・ワールドが放火され、燃えている様です。
伊勢丹も併設され、まだオープンしてから4年経つか経たないかの建物が丸焼けで倒壊の危機とか・・・。
何の為にそんなことをするのだか・・・。
当初はタクシン派UDDと政府の抗争であったのだが、今はドサクサにまぎれて若者らが略奪、放火といった
悪たれ行為をやっているという感が強いです。 なので、事態収拾にはかなり時間が掛かりそう・・・。

いずれにせよ、タイ国には大きなダメージです・・・。
こういう経験は日本ではなかなか出来ませんが、まぁ早く収まる事を願っています。
無益な殺生としか思えませんし。
[PR]
by didier-corolla | 2010-05-19 23:47 | 身近な出来事

風邪でダウン・・・。

今朝、熱っぽいな? と思いつつ、通常出社するも、10時くらいには体中の筋肉・関節が痛い・・・。
喉も痛くなり、食欲もないので昼でギブアップ・・・・。 午後はバンコクに戻り、サミティヴェート病院へ直行。

c0102404_21542991.jpg


熱を測ると、なんと38℃オーバー。 
小生、通常の体温はいつも35℃台で低体温? くらいなので、こりゃだめだ・・・。
体温計を見て、余計にモチベーション下がってしまったのもありますが・・・。
で、先生の診断は 『恐らく風邪でしょう。 出す薬を2日間飲んで、それでも直らない時はインフルエンザの
可能性もあるので、その時はまた来てください。 』 との事。

c0102404_21575922.jpg


画像の薬が解熱剤で、タイ国製。
昼に職場のローカルスタッフのおばちゃんからもらった薬と全く同一でした。
これ以外に鼻水を抑える薬、解熱剤とうがい薬をもらってアパートに帰宅。 その後3時間寝てから起き
今これを書いています。

やはり、海外への単身赴任だとこういう時辛いね・・・。
改めて家族の大切さ、日本で離れて暮らす嫁さんの有難さを肌身で感じています。

さて、晩飯食って薬飲んで寝るとします。
明日は出社できるよう、頑張らねば・・・。
[PR]
by didier-corolla | 2010-05-10 22:00 | 身近な出来事

タイ国に戻る。

昨日の夕方にタイ国へと戻りました。
朝4時半に日本の自宅を出て、直行バスで成田空港に行き、成田で朝食&みやげ物を買い
その後、ANAのNH953でタイに戻ったという感じです。

成田空港は欧州行きの便がアイスランド火山噴火の影響で欠航というのもあり、この時期にしては
比較的人が少ない印象でした。 手荷物検査も出国審査も殆ど待つ事なく済みましたし。
5Fのトイレで靴下を洗っていた欧米系の外国人も居て、おそらく火山の影響で帰国できない欧州の方
なのかな? なんて想像をしてみたり。

飛行機の中ではビールを3本も呑みながら 『旭山動物園物語』 と、 『釣りバカ日誌ファイナル』 の
西田敏行さんモノの映画を2本続けて鑑賞。 旭山動物園は1年半前に実際に訪問しているので
なるほど! と納得しながら観ましたね。 6時間半のフライトも映画鑑賞とびぃるを呑んで、機内食を
美味しく頂いてと、なかなか乙なもんです。 

スワンナプームからはメータータクシーでバンコク都内のアパートへ帰宅。
大凡20kmの距離を179バーツ+有料道路代25バーツで済んでしまうあたり、やはりタイの物価の安さ
に改めて感心関心。 日本円で600円程度だし、日本のタクシーじゃ初乗りすらできない金額ですから。

まぁ1週間という短い期間でしたが、息子のボーイズリーグのチームの練習も見学出来たし、息子の
学生服姿も拝めたし、家族で食事をしたり、温泉に行ったりなど、改めて家族のありがたみを感じました。
こういう事は、家族と離れて住んでみて、改めてその大切さを痛感しますね。 これもいい経験です。

海外生活、本当に貴重な経験をさせてもらっています。
明日でタイに出向して丸1年経過。 残りもう4年しかないので、自分がこの国で何をして、どういう結果を
残すか? 真剣に考えて取り組んでいきたいと思う次第です。
[PR]
by didier-corolla | 2010-04-20 00:38 | 身近な出来事

ソンクラーン休暇

今日から来週の18日の日曜日まで、ソンクラーン休暇で日本に一時帰国します。
家族と飯食ったり、どこか1日で大井川鐵道を撮りながら、大井川を遡ってみよう。
日本の旧職場にも顔を出そうかとも思っています。

タイ人スタッフに 『ソンクラーン休暇はどうするの?』 と聞かれ、『日本に戻るんだよ。』 というと
人によっては 『え~?? 水掛しないの?』 みたいな事も言われますね。
ソンクラーン休暇前の最終稼働日もまぁ、それはそれば水は頭からぶっかけられるし、ほっぺにはおしろい
塗られまくるし、不意打ちの氷水攻撃にも驚いたり・・・。 でもまぁ、それはそれで非常に面白いですよ。
短時間ではあったけど、タイの文化をまたひとつ身をもって体験できた感じがします。

それじゃ、安全第一で日本に戻ります~。
[PR]
by didier-corolla | 2010-04-11 06:34 | 身近な出来事

北海道物産展が・・・。

赤服がバンコクの伊勢丹の前を占拠している関係で、伊勢丹も休業。
おかげて伊勢丹で開催している北海道物産展も行けずじまいでした。

柳月の三方六を買いたかったのに・・・。

バンコクに暮らしていると、普段は便利で苦労する事ありません。
が、やはり赤服のような出来事があると、若干影響を受けるのは確かです。
非常事態宣言も出ていますが、赤服集会の近くにさえ行かなければ大丈夫ですね。
[PR]
by didier-corolla | 2010-04-11 06:27 | 身近な出来事

赤服の状況

今週もバンコク都内ではUDD(赤服)のデモ活動が繰り広げられ、一部の道路では通行に若干の影響が
出ていました。 が、小生の住んでいるスクンヴィット界隈ではそれほど大きな影響はなし。
昨日は自宅アパートからエンポリアムまで1往復したのですが、二輪車ノーヘル2人組でタイ国旗を手にした
赤服のメンバーと、荷台に赤服連中が沢山乗っているシーロー(日本の軽トラ)とすれ違いましたけど、まぁ
彼らも一般人に何かをする訳ではなくて、いわゆるパフォーマンス的な感じでデモをしているといった印象
でした。

しかしまぁ、バンコク銀行支店への手榴弾投げ込み事件等、反対勢力への武力闘争もないわけではないし
私の住んでいるところから1km圏内にアピシット首相の私邸もあるので、油断は禁物。
基本的にはUDDの活動が収まるまで、不要不急の外出は控える様にしています。
[PR]
by didier-corolla | 2010-03-21 20:53 | 身近な出来事

野焼き事故

昨日、御殿場の東富士演習場で行われた野焼きで事故があり、3名の方が亡くなられたのですが
先ほど小生の実家から連絡があり、うち1名は小生の母親の従兄弟の息子さんだった事が判りました。
小生も社会人になるまでは年数回会っていましたし、幼い頃に一緒に潮干狩りに出かけた事もあったので
その事実を知り、非常に驚いています。 

演習場の野焼きは地元では非常に重要な作業であるだけに、残念でなりません。
こういった事故が次に起きない様、原因の調査をしっかり行って頂き、次に活かして頂きたい。

被害に遭われた方3名のご冥福をお祈りします。
[PR]
by didier-corolla | 2010-03-21 20:39 | 身近な出来事

一時帰国

4月のソンクラーン休暇に一時帰国の予定です。
ソンクラーンはタイ国における旧正月の事で、4月13日から15日をはさむ1週間が企業もお休みになります。
タイ人はこの期間に帰郷してお清めを行ったり、『水掛祭り』 の名の如く、水を掛け合って楽しむといった
お祭りムードで楽しむわけです。

まぁタイ国に残ってタイの年中行事を楽しむのもアリですが、外に出ればひたすら水を掛けられる訳ですし
する事もなかなかないので、一時帰国かなぁと思っています。
タイ国の長期休暇というのは年末年始とソンクラーン休暇しかないので、長い休みのときは日本に戻って
家族と会うというのも大事かなぁと思っています。
[PR]
by didier-corolla | 2010-02-28 20:26 | 身近な出来事

タイの結婚式

今日は従業員の結婚式が2件あり、はしごで両方とも参加してきました。
タイ国の結婚式は初めて参加するので、事前に同僚から事情聴取してからの参加でした。

c0102404_17241441.jpg


タイの結婚式は、自宅もしくは自宅付近に仮設テントを建て、そこで結婚式と披露宴をするというのが
一般的みたいです。 参加した2件とも自宅で開催でしたし、その隣では放牧の牛がのんびり草を食べて
いたり、チャボが餌を啄ばみながら歩いていたりと、なかなか面白い。

参加者の衣装もカジュアルそのもの。
新郎新婦こそウェディングレスにスーツですけど、出席者の服装は何でもOK! アライコダーイ!!
ってな感じです。 非常にとっつき易い。

祝儀は披露宴パーティーの時に新郎新婦が各席を廻るので、その時に手渡しなんです。
招待状の入っていた袋にそのままご祝儀を入れて渡すという非常に判りやすいシステム。
日本とは違い、非常に肩も凝らず、単純明快。

海外に来て、色々経験させてもらっています。
仕事もきついけれども、日本では経験できない事なので、気分を切り替えて楽しんでいきたいです。
[PR]
by didier-corolla | 2010-02-20 17:33 | 身近な出来事