自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

カテゴリ:Railway( 78 )

BTSのモーチット駅、サラデェーン駅、アソーク駅で地下鉄MRTと乗換えが出来ます。

c0102404_23582735.jpg


駅名看板の下に 『Interchange with MRT』 と書いてあるのですが、タイ語で何て書いてあるんだろ?
と、ふと気になって調べてきました。

正解は 『サタニィ・チュアム・トォロットファイファァマハナコン。』

サタニィは駅、チュアムは接続、トォロットファイファァマハナコンで、MRTに乗り換えという意味です。
ロットファイファァマハナコンというのが、MRTのタイ語名称。 『首都電気鉄道』 みたいな。
東京メトロの前身である営団地下鉄の正式名称 『帝都高速度交通営団』 とそっくりな名前です。

タイ文字も文字数は限られているので、規則性を覚えれば何とか読む事はできそうです。
あとは、その言葉の意味、これを覚えなければならないけれど、読んで意味を理解できるようになれば
しめたものです。 タイに住んでいる間には、書くのは難しくとも読んで理解できるようにはなりたいですね。
[PR]
by didier-corolla | 2009-09-23 00:08 | Railway

MRT

タイのバンコク都内でいちばん綺麗な場所が、MRTの駅構内や車内だと思います。

MRTファランポーン駅外観
c0102404_040314.jpg


ファランポーン駅構内
c0102404_0413475.jpg


MRTが開業して5年ほど経ちますが、飲食禁止も功を奏し、駅構内は非常に綺麗です。
地下鉄なのに、日本のそれのようなドブ臭もなく、非常に快適です。

MRTの車両は、独のシーメンス社製。
c0102404_044760.jpg

シーメンス製ですが、京急2100系のような 『歌う電車』 ではないですね~。
個人的には、ドレミファインバータであってほしかったなぁ・・・。
本当は三菱電機&仏アルストムの車両が採用される筈だったそうですが、BTSとの直通化の絡みもあり
最終的にはBTSと同じシーメンスの車両が採用されたんだそうです。

車内も非常に綺麗です。
c0102404_0455415.jpg

ちなみに、右中ほどに座っているおねぇさんは、小生と同じスクンヴィット駅で下車し、ソィカゥボーイ内の
お店へ消えていきました・・・。 容姿と所持品からも納得でした・・・。
[PR]
by didier-corolla | 2009-07-28 00:55 | Railway

バンコクの地下鉄

先日、バンコク市内を走る地下鉄に乗ってきました。

c0102404_12291849.jpg


Mass Rapid Tranjitの頭文字をとって 『MRT』 と呼ばれていますが、これだと新交通システム全般
を指す言葉なので、まぁバンコク以外でMRT=地下鉄とは思われないかもしれませんね・・・。
一応、地下鉄という言葉はあって、 『ロットファイ・ターィ・ディン』 といいます。
ロットが 『車』 、ファイが 『火』 なので、列車のことは火の車ってことで 『ロットファイ』 といいます。
これは中国語とおんなじ考え方ですね・・・。 
電車ですと、『ロットファイ・ファァ』 と言い、ファイ・ファァが、『空の火=雷=電気』 ってことで
電気の事を指します。
ターィが 『~の下』、ディンが 『土』 なので、『ターィ・ディン=土の下=地下』 ってことになります。 
『ロットファイ・ファァ・ターィ・ディン』 でも良いのでしょうが、『ロットファイ・ターィ・ディン』 が一般的。
『ロットファイ・ファァ』 ですと、BTSの方を指す事が一般的ですね。 
日本からのODAで建設され、本来は日本の車両メーカーが車両を納入する事になっていたのですが
土壇場でシーメンスに変更、どうやら将来のBTSとの相互乗り入れを考えた際、同じメーカー製の車両
に揃えておきたいというのがあったみたいです。 現在建設中のエアポートリンクもシーメンス製車両と
なるので、バンコク市内の電車は全てシーメンス製車両となります。


一応テロに備え、簡単何金属探知ゲートをくぐって駅構内に入ると、さすがに駅や車両内が禁煙・飲食禁止
ということもあって非常に綺麗です。 地下鉄特有の臭いもなく、なかなか快適。
画像のようにホームが転落防止用カバーで全て覆われているので、線路落下の危険もなし。
新しいだけの事はあります。

ちなみに、切符の代わりにメダル型の 『トークン』 を自動販売機で購入して乗ります。
入場時は自動改札機にトークンをタッチ、出場時は自動改札機のトークン挿入口からトークンを挿入して
回収されて出場完了になります。
また、BTSと同様にSF-IC乗車券もあり、Suicaと同じようにチャージ後にタッチ&ゴーで改札通過する事
も出来ます。 

c0102404_12503771.jpg


まだBTS、MRTともに個々のSF-IC乗車券が運用され、相互利用はされていないので、ちょっと不便。
チャージも窓口だけですからね・・・。 まぁ、おいおい改善されていくでしょう。

BTSに加えMRTもあるので、バンコク市内の移動もタクシー主体から鉄道+タクシーとなり、ちょっとだけ
費用は嵩みますが、短時間でスイスイ移動が出来るようになり便利です。
タクシー代も初乗り35バーツ(=100円くらい?)からで、100バーツ(=270円)払えば10kmくらいは
移動できるうえ、台数もメチャクチャ多いですから、日本に比べタクシーを使いやすいのですが、渋滞が日常
茶飯事なだけに時間が読めないってのはあります。
[PR]
by didier-corolla | 2009-05-09 12:56 | Railway

BTS SmartPass

BTSに乗るには、硬貨しか使えない券売機で乗車券を買うか、若しくはBTS SmartPassを買うかの
どちらかになります。

で、これから長くBTSを使う事になるので、BTS SmartPassを窓口にて購入しました。
c0102404_0355846.jpg


日本のSuicaと同じSF-IC乗車券で、上限2,000バーツまで窓口にてチャージすることが出来ます。
前述の如く、BTSの自動券売機では硬貨しか使えないので、やはりこちらがおススメです。
しかし、チャージが窓口でしかできないのがやはり辛いところですかね・・・。
徐々にSuicaと同じような進化をしていくと思います。
[PR]
by didier-corolla | 2009-04-26 10:11 | Railway

BTS スカイトレイン

タイ王国に来て初めての休日。
サターニー・プロンポンからサターニー・サナーム・キラーまでBTS に乗って出掛けてみました。

c0102404_0223619.jpg


c0102404_023943.jpg


なかなか静かで、加速減速も非常に滑らかですが、営業運転時のトップスピードもかなり遅めなので
まぁ、静かで滑らかなのは当然かなという気はします。
独シーメンス社製の車両で、地下鉄のように架線からではなく側面のガイドから電力をもらって走ってます。

タノン・スクンヴィットを東西に移動するには、BTSスカイトレインが非常に便利ですね。
スクンヴィットはいつも渋滞しているので。
[PR]
by didier-corolla | 2009-04-26 00:29 | Railway

3点セット

ようやくなんとか入手。

c0102404_20594898.jpg


この3月に発売されたSF-IC乗車券3種、まぁ 『3点セット』 みたいな感じ?
右2枚は、Suicaとkitacaの相互利用開始記念カードで、それぞれ各1枚づつ。
いちばん左は、3月1日から利用開始となった 『SUGOCA』 の利用開始記念カード。

これで、JR7社のうちJR貨物とJR四国を除いた5社で、SF-IC乗車券の利用が開始となりました。
kitacaはkitacaとSuicaエリアでの鉄道運賃ならびに電子マネーとして利用可。
Suicaはkitaca、Suica、PASMO、toica、ICOCAエリアでの鉄道運賃、バス運賃ならびに電子マネー
として利用可。
モバイルSuicaはSuicaの機能に加え、東北・上越・秋田・山形・北陸(=長野)新幹線での運賃と、オプション
でJR東海のEXPRESS IC乗車券に対応。
toicaはSuica、toica、ICOCAエリアでの鉄道運賃として利用可。
ICOCAはSuica、toica、ICOCA、PiTaPaエリアでの鉄道運賃、バス運賃ならびに電子マネーとして利用可。
SUGOCAはSUGOCAエリア内の鉄道運賃ならびに電子マネーとして利用可。
こうして見比べると、いちばん機能的なのはやはり 『モバイルSuica』 ですかね~。
Suicaは今後、SUGOCAエリアでも相互利用開始が予定されていますので、モバイルSuica のみで
北海道から九州まで鉄道を乗りこなせる事になります。

まぁ、途中から話が逸れましたが・・・。
やはり記念モノのSF-IC乗車券はついつい買ってしまいます。 
今後暫くは海外生活となりますので買う事もできなくなるのですが、実はタイ王国でもBTSスカイトレイン
(ロットファイ・ファー)や地下鉄(ロットファイ・タイ・ディン)にてSF-IC乗車券が導入済みとなってますので
実際に向こうで暮らす際、週末のお買い物やバンコク市内での移動にはこれら乗車券がとても役に立ちそう
です。
[PR]
by Didier-Corolla | 2009-03-22 21:17 | Railway

1周年記念モノ

三島駅まで戻ってきたら、みどりの窓口でたまたまこれを売っている事に気がつき、即購入。

c0102404_1951356.jpg

c0102404_19515694.jpg


TOICAの静岡デビュー1周年記念モノです。
とりあえず、買う事が出来てまぁラッキーかな?

そうそう! 明後日はSUICAとkitacaの相互利用開始記念SUICAも発売されるんですよね。
明後日は生憎用事があるので、ちょっと買いにいけないのが残念なり。
[PR]
by didier-corolla | 2009-03-12 20:02 | Railway

『赤い電車』 で

ビザ申請も済んだ後、東京から帰る際に品川駅から横浜駅まで京浜急行で移動しました。
『赤い電車』 の中でも運良く2100系の 『歌う電車』 に初めて乗る事が出来、ちょっと感動!!

『赤い電車は~、歌いだす~。』 
『ファソラシドレミファソー~~~~♪』
くるりの名曲 『赤い電車』 の歌詞そのまんまですものねぇ。
こういう遊び心がドイツ人にもあるんだな!! と、ちょっと感心!!
ちなみに、こんな感じですね~。

http://www.youtube.com/watch?v=9PTpwjXKFbo

京急は羽田空港を使う際、結構乗っているんだけど、歌う電車には遭遇した事がなくて
今回ようやくといった感じです。
[PR]
by didier-corolla | 2009-03-12 19:29 | Railway

再放送決定

このblogでも取り上げさせて頂いた番組2つ 『駅 四季の物語 ~肥薩線 真幸駅~』 と
『こんなステキなにっぽんが ~雪の鉄路を走り続けて 北海道 旭川・北見』 が今週末の
2月14日(土) 13:30~15:30 にて、NHKのBS-2で立て続けに再放送されます。

c0102404_22374791.jpg


どちらの番組も鉄道好きは勿論の事、そうではない方が観ても必ず得るものがある筈です。
お時間ありましたら是非、観てみてください。
[PR]
by didier-corolla | 2009-02-11 22:39 | Railway

DMV実証実験走行記念切符

昨日の仕事帰り、掛川駅に寄り道して買ってきました。

c0102404_11475978.jpg


c0102404_114816100.jpg


c0102404_11484021.jpg


三ヶ日駅の入場券1枚と、三ヶ日駅から西気賀駅までの大人・子供の乗車券が各1枚の
硬券(エドモンソン券)3枚セットで、今年いっぱい使用可能です。
硬券自体には特にDMVをあしらったものではなく、通常販売されているものですねぇ。

前にも書いた様に、私も今回の実証実験走行は知らなかったのですが、テープカットには
静岡県知事や浜松市市長も駆けつけたそうで、熱の入り様、期待の高さが伺えます。
静岡県は北海道を除いた国内において唯一、しかも富士市・浜松市と主要な2市でDMVを
2度にわったり実証実験走行をさせている事からも、おそらく北海道に続いて全国2番目と
してDMVを導入するのではないかと、今回の試験走行の話からも強く感じました。

とにかく、とても楽しみな話題です。
[PR]
by didier-corolla | 2009-02-06 12:02 | Railway