自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

バンコク都内

初日、2日目、最終日はバンコク都内での観光・ショッピングを楽しみました。
バンコク都内の移動は、専らシーロー(軽トラの荷台に屋根と椅子をつけたタクシー)とBTSです。

c0102404_22214919.jpg


新型のBTS車両にも、今回初めて乗りました。
初代は丸目のライトが特長でしたが、新型は異形ヘッドランプで、これはこれで新鮮です。
初代車両は独シーメンス製でしたが、新型は中国のCTS製となりました。
なかなか良く出来た車両ですが、インバータの変調音は、なんと初代より耳につきます。
あとはまぁ、ドアが開いた時、上部のドアエンジンの隙間から天井と屋根の隙間丸見えなのがねぇ・・・。
このあたり、まだまだ日本や欧州の車両ほど気にしてないのかなぁという印象です。

観光としては、ワット・プラケーォ(エメラルド寺院)、ワット・アルン(暁の寺)、ワット・ポーの見学です。
初日に職場のローカルスタッフとマーブンクロンセンターで待ち合わせをし、そこからクルマで移動。
クルマはワット・プラケーォの近くに停め、そこからの移動は徒歩と船。
この3つのお寺は、徒歩と船の移動ですべて済むくらいの距離にあります。

ワット・プラケーォの画像は今回もかなり撮影しましたが、前回7月にもここには載せているので今回は
割愛します。
ワット・アルンはチャオプラヤー川を船で渡り、川の西側岸すぐにあります。
c0102404_22333792.jpg

バンコク都内で、私がいちばん好きな場所が、このワット・アルン。
チャオプラヤーの船の上から眺めるのが良いのです。
c0102404_22354271.jpg

この塔のちょうど半分くらいの高さのところまでは、階段を登って上がることができます。
c0102404_22373791.jpg

塔からみるバンコク都内の眺めも非常に良いです。
チャオプラヤー越しにみる高層ビル群の眺めも良し。
ちょうど画像の中央あたりに見えるのが、『バイヨーク・タワー』
バンコクでいちばん高さの高いビルで、その高さ304mほど。
夜になると、てっぺん付近に色々な文字が電飾で表示されます。

ワット・ポーは、黄金の寝観音像(涅槃仏)とタイマッサージで有名な寺院です。
寺院の正式な名前は、『ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム。』
私も、ついさっきまで正式名称は知りませんでした・・・。(笑)
c0102404_2305132.jpg

息子にとっては、ワット・ポーのこの寝観音像(涅槃仏)を間近で観る事が出来たのが、いちばん印象に残ったそうです。 
いちばんはワット・アルンじゃないのかぁ~。 残念・・・。

3つのお寺を見学したのち、BTSのナショナルスタジアム駅から西に1kmくらい行ったところにある
TESCO Lotusの中にあるMKでタイスキを食べました。
タイスキはまぁ、日本の鍋料理としゃぶしゃぶに近いので、嫁さんと息子も美味しいって言ってました。
タイ料理というと、辛いか酸っぱいか甘いか脂っこいかなんですが、タイスキはタレが僅かに辛い程度。
日本人にはとっつき易い、タイ料理入門編です。

タイスキを喰ったあとは、プラトゥーナームでショッピング。
主に衣類をメインでお買い物。
タイで衣類を買う場合は、マーブンクロンセンターかプラトゥーナームがオススメです。
[PR]
by didier-corolla | 2011-01-01 23:07