自身の身の周り事を主体に、時事放談も交えて書いていきたいなぁと。 ご連絡等ありましたら tsuttyアットclub-azito.com    まで、どうぞ。


by Didier-Corolla

タイバーツ

そういえばタイバーツの紹介をしてなかったな! と、ふと気づいたので、載せておきます。
c0102404_18383927.jpg

全員集合! で、紙幣が5種類に、硬貨が6種あります。


まず、硬貨から順に紹介。
c0102404_18435015.jpg

右下から25サタン(=1サルン)、50サタン、1バーツ。
左下から2バーツ、5バーツ、10バーツです。
ちなみに、1バーツ=100サタンです。
全て、表面はタイの有名なお寺がデザインされ、裏面はラマ9世(=プミポン国王)の肖像となっています。
普通は1バーツ単位で品物も売られていますが、タイは消費税が7%で徴収される為、スーパーや
飲食店に行くと、25サタン単位でお釣でもらう事が多いですね。  
しかし、サタンを支払いにはまず使わないです。 なので、貯まる一方で困ったちゃんな硬貨です。
で、1バーツと2バーツがまた重さもサイズも色もほぼ同等。 これも本当に紛らわしい。
なので、間違えやすく、タイ人はマジックで硬貨に 『2』 と書いて使っています。
ちなみに2バーツは磁石にくっつきます。
あとまぁ、10バーツは2酒類の金属で出来ているのも興味深い。

次に、紙幣。
紙幣はまぁ、最初の画像で十分に判断できると思うので個別には載せませんが、20バーツ、50バーツ
100バーツ、500バーツ、1,000バーツの5種類です。
紙幣も表面は全てラマ9世の肖像画となっており、紙幣の番号はアラビア数字とタイ数字の2種類で印刷
されています。 100バーツ以上は銀帯が左脇に入っているのが特徴です。
この銀帯、ピン札にしようと低温でアイロンを掛けるとボロボロ剥がれちゃうので、これも注意が必要です。
為替レートではなくタイ国内での物価でみた場合、100バーツが日本円で1,000円札に相当しますね。
500バーツが5,000円、1,000バーツが10,000円だと考えれば妥当なところです。
為替レートで見れば、100バーツがだいたい280円、500バーツが1,400円、1,000バーツが2,800円
という感じになります。

50バーツ、500バーツをお釣でもらう事は少ないですね。 だいたい20バーツ、100バーツと硬貨で
もらう事が大半です。 それから、所得の差やお金の価値による影響もありますが、20、50,100バーツは
汚れてシワシワなお札が多いです。 500、1,000バーツは価値が高い分、お札もピン札で綺麗なものが
手に入りやすいです。

ちなみに、タイに来る場合はタイ国内でお金をバーツに換えた方がお得です。
いちばん損なパターンが、成田空港で換えてしまう事かな。 私も過去にこれで相当に損をしてしまったので
成田空港では両替はしないようにしています。
[PR]
by didier-corolla | 2009-08-29 19:05 | 身近な出来事